立ち読みをやめて漫画を購入しよう

subpage1

漫画は日本が世界に誇るべき文化です。
現在日本には何十もの出版社が存在し、書店はもちろん、コンビニや、スーパーのような様々な場所で雑誌や単行本が並べられています。

漫画の立ち読みの情報収集がもっと楽になります。

しかし、最近漫画の売り上げが減少傾向にあります。

これの原因と言われているのが、立ち読みです。



コンビニや、書店などで無防備に置かれている雑誌を立ち読みすることによって、読みたい漫画だけ読んで満足して結局買わないという人が増えているといいます。

立ち読みは確かにお金わ払わずに知りたい情報を得ることができます。しかし、これでは作者に原稿料が入ってきません。
業界全体が、儲からない、働いても意味がないという流れになってしまうと、日本中、そして世界中で愛されていおる漫画文化がなくなってしまう恐れがあります。作品は、作者が多大な時間と、労力をヵけて生み出された大変貴重なものです。

私たちはその時間塗料力に見合うお金を払う義務があると思います。

また、最近では大型の古本屋などで中古で安く売られている場合鵜がありますが、これも作者にお金が回らないため、意味がありません。



さらに最近お店ではなく、ネットで立ち読みをする人が増えているそうです。
本来ならばお金を払わなければ読むことができないはずの作品を無料で、全て読んでしまうというのは恐ろしいことです。
このような状態が続くのならば、漫画は商品として成り立たなくなり、やがて失われてしまうことでしょう。それを防ぐためにもきちんとお金を払いましょう。